嫁にうつされた水泡から膿が出る病気にバルトレックス

白いカプセルと瓶と葉

唇に水泡のようなものができて痛く、膨れたのが破れて膿のようなものが出てきてしまったということは稀に見られることです。
これは口唇ヘルペスによるものである可能性が高く、誰かからかヘルペスウイルスをもらってしまって唇に感染してしまったという状況です。
こういった状況で多いのは男性の場合は嫁から、女性の場合は旦那からというケースですが、互いに持っていないという場合には他からの可能性もあります。
口から口への感染もありますが、ヘルペスウイルスは性器に対して感染することも知られており、男性器や女性器にも感染を起こします。
性交渉の際に性器と性器が触れ合うことによって性器から性器へと感染も起こりますが、唇にも感染することから注意が必要なものです。
嫁がヘルペスウイルスに感染しているからコンドームをして予防したというのに、唇に感染してしまったということも珍しいことではないのです。

しかし、唇、性器のいずれに感染を起こしたとしてもバルトレックスによって治療を行うことができるのがヘルペスウイルスの感染症です。
バルトレックスは抗ヘルペスウイルス薬として副作用も少なく、有効性も高いことから頻用されているものであり、数日間服用すれば水泡のようなものもなくなり、膿が出るという状況からも回復することができます。
しかし、膿の原因が細菌感染症である場合もあるのには注意が必要です。
水泡が破れた際に、その傷口から細菌が感染してしまって膿ができているということもあるからです。
そのため、しばしば口唇ヘルペスの治療においては予防のために抗生物質も処方されることがあります。
意味が無いだろうと思わずに抗生物質も飲んでおくと水泡が敗れた際に感染するリスクが減ります。

関連記事