バルトレックスで治らないなら病院へ

黄色のカプセルと花

ヘルペスウイルスに対する感染症の治療薬として強力な効果を発揮するのがバルトレックスです。
口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどいくつかのヘルペスウイルスによる感染症は知られていますが、単純ヘルペスウイルス感染において著効を示し、飲み始めてからわずか数日で症状を抑えることができます。
ヘルペスウイルスに感染すると水ぶくれのような腫れができてしまい、しばしば激しい痛みも伴うことから誰もが速やかな治療を望むものです。

バルトレックスは医師の処方箋がなければ国内では購入することができないため、病院に行ってヘルペスウイルス感染であるという診断があってから処方箋を出してもらい、薬局で購入するというのが基本的な流れになります。
しかし、通販が広がる現代では個人輸入代行業者を利用することによって海外で流通しているバルトレックスを輸入することが可能であり、それによって治療を行うことができます。
特に性器ヘルペスのようにあまり人に知られたくないというときには自分で治療薬を手に入れて治療してしまいたいと考えるものであり、ヘルペスウイルス感染だと自己判断をしてバルトレックスを手配するということもしばしば行われていることです。
しかし、5日ほど飲んでも治る気配がないときにはやはり病院に行くことが大切です。
水ぶくれのような症状がでていても、それがヘルペスウイルスによる感染でない可能性があるという点に加え、感染しているヘルペスウイルスがバルトレックスに耐性を獲得してしまっている可能性もあるからです。
そういった際には別の治療を行っていかなければ治療が見込めず、治らないからといってバルトレックスを大量に飲んでしまうと副作用のリスクが高まってしまいます。
治らないときにはまずは病院に行くということを忘れないようにしましょう。

関連記事